ボーナス払いがお得

本当は消費者金融を利用したいけど、遅延事故を起こしてブラック情報に登録されてしまった、収入が不安定で審査に通らないなど、ワケあって消費者金融を利用できない方も多いと思います。「どうしても来月までに50万円必要なのに、借入先が見つからない…」そんな時は、ショッピング枠現金化という方法もあります。ショッピング枠現金化は、クレジットカードで特定の商品を購入し、換金するという方法です。新幹線のチケットを購入してチケットショップに転売するなど、個人で行うこともできますが、現金化する金額が大きくなるとクレジット会社に発覚するリスクが大きくなるので、なかなか大きな金額を換金することができません(ショッピング枠現金化はクレジット会社の利用規約で禁止されています)。そのような場合ショッピング枠現金化の専門業者を利用すると、クレジット会社に発覚するリスクを恐れずスムーズに現金化することができます。ただし、ショッピング枠現金化は業者手数料が発生するので、50万円を現金化するためには、それ以上の金額の商品を購入しなくてはなりません。換金率が90%の場合、56万円の商品を購入すると50万円(+4千円)現金化できます。ショッピング枠現金化は、普通のカードショッピングと同じ取引になりますので、1~2ヵ月間の引き落とし日から返済がスタートします。現在お金がないのに、1ヵ月後に56万円をまとめて支払える方はなかなかいないと思います。そのため、分割払いやリボ払いなど他の支払方法を選択するかと思いますが、月10万円ずつ返済できる場合、6回の分割払いを選択するよりもボーナス1回払いを選択する方がお得です。なぜなら、ボーナス1回払いは通常の一括払い同様、クレジットカードの手数料が発生しないからです。一般的に、12月~6月の締日までにショッピングした方は夏のボーナス月(8月)、7月~11月の締日までにショッピングした方は冬のボーナス月(1月)に支払日があります。12月にショッピング枠現金化を行えば、その8ヵ月後に引き落としとなるので、分割回数が8回以下ならボーナス払いを選択した方がお得になります。ただし、6月に現金化を行うと、ボーナス払いを選択しても支払日が2ヵ月後になるので注意が必要です。ボーナス払いの期間・支払日はクレジット会社によって異なるので、必ず確認して下さい。ボーナス払いを選択すると支払日までに余裕ができますが、お金を無駄遣いして支払いが間に合わなくなったり、支払日を間違えたりすることがないよう注意しましょう。