現金化をする時は焦らない

現金化しようとする方は、ほとんどの場合焦っています。「消費者金融の審査に通らず、支払いに間に合わない!」「どうしても今すぐ現金が必要!」そんな時、インターネットなどでクレジットカードのショッピング枠を現金化できるサービスを知り、慌てて業者に連絡を取る……このような方が多いと思います。優良業者を利用すれば、消費者が慌てていても関係なく、通常通りのサービスを提供してくれます。もちろん、サービス内容について詳しく説明してくれるので、納得できなければ取引を中止することもできます。しかし、悪徳業者に連絡を取ってしまった場合、消費者の焦りを見越して手数料を上乗せしてくることがあります。「即日振込のためには手数料がかかる」「そのクレジットカードを使用するためには、さらに手数料が10%かかる」というように、話しが進むにつれて手数料がアップしていく場合は要注意です。現金化業者を利用する時、通常は複数のサービス会社を比較するものですが、一分でも早くお金を手に入れたい場合は、じっくり比較している余裕はありません。また、焦る気持ちは判断力を低下させ、普段なら怪しいと思うような業者の言うことも、不思議と聞いてしまうことが多いです。業者側もそのような消費者の心理を把握しているため、消費者が焦っていると感じると、その都度業者に有利な契約に持っていこうとしてきます。もちろん、優良業者であればこのような真似はしてきませんが、初めて現金化を利用する時は相手が優良業者かどうか、判断しにくいと思います。そのため、現金化業者に問い合わせをする時は、焦った様子を見せないように、深呼吸してから申し込みましょう。時間がないといっても、サービス内容の説明としては、サービスの流れと還元率、振込日(振込時間)ぐらいです。サービスの流れについては、ホームページを見て理解している方が多いと思うので、基本的には還元率と振込日の確認です。取引金額に対して実際にいくら還元されるのか、即日振込は可能か、可能だとしたら何時頃に送金されるのか、これ以上手数料はかからないか、以上のことを聞き出すだけでも1分程度で終了しますよね。もしもオペレーターの対応が悪く、曖昧な返答しか返ってこないような場合は、ほとんど悪徳業者といっても過言ではありません。現金化業者はたくさんありますので、すぐに電話を切って他の業者を探しましょう。ちなみに、銀行の営業時間は15時までのところが多いですが、ネット銀行やゆうちょ銀行の口座があれば15時以降も取引可能ですので、焦らずに業者選びを行いましょう。