結婚式のご祝儀に

結婚式や披露宴に呼ばれると、ご祝儀を袋に包んで渡します。ご祝儀の相場は、ゲストの年齢や新郎新婦との関係によって変化するため一概には言えませんが、一般的に経費として2万円、お祝い金として1万円、合計3万円と言われています。経費の中に、披露宴の参加費(大体7千円~1万円)が含まれている場合は、3万円くらい払うことは仕方ないですね。会社の同僚や部下などであれば2万円程度でもよいですが、親戚に対してはご祝儀の金額も高くなり、5万円以上包む方も多いです。また、結婚式に行くためにはドレスやスーツを購入したり、美容院で髪の毛を整えたりと、何かと費用がかかります。結婚式は大変喜ばしいイベントですが、年に何度も結婚式に呼ばれるとお財布の中身がピンチになります。年に1~2回どころか、多い時には月に2~3回も結婚式に呼ばれることもあり、月に10万円以上出費することも珍しくありません。お金がないからといって、友人・知人の一生に一度の晴れ舞台を欠席するわけにはいきません。ここは多少無理をしてでも、お金を用意して式に駆けつけたいと思うことでしょう。そんな方におすすめなのが、ショッピング枠現金化です。ショッピング枠現金化は、クレジットカードの後払い制を利用して現金を得る方法です。たとえば、クレジットカードで12万円の商品を購入し、買取店に10万円で転売したとします。クレジットカードの支払いは1~2ヵ月後ですので、現在お金がなくても10万円を手にすることができます。ショッピング枠現金化では通常、専門のサービス業者を利用します。現金化できる金額は、ショッピング枠から業者手数料を差し引いた金額であり、商品代金の80~90%が還元されます。利用枠に空きがあれば30万円でも40万円でも現金化でき、1つのショッピング枠では足りない時は、複数のクレジットカードのショッピング枠を使用することもできます。これがショッピング枠現金化の良いところです。お金を工面するためには、消費者金融を利用することもありですが、消費者金融は総量規制の対象ですので、家計収入があったとしても無職、専業主婦の方はほとんど審査に通りません。しかし、ショッピング枠現金化はあくまでショッピングですので総量規制の対象ではなく、無職でも専業主婦でも収入に関係なく現金化することが可能です。サービス業者を利用する場合も、特別な審査は一切ありません。結婚式のご祝儀でお金が不足する方は、ショッピング枠現金化について検討してみてはいかがでしょうか。