小額でも大きな金額でも取引OK

現金が不足すると友人に頼る方も多いと思いますが、1万円も2万円ならともかく10万円や20万円などを平気で「貸して」と言うようでは、おそらくすごいスピードで友人が離れていくでしょう。たとえお金が返ってくると分かっていても、他人から「お金を貸して」と言われることはあまり気分の良いものではありません。お金が必要な場合は、なるべく専門業者を利用することをおすすめします。お金の専門業者といえば消費者金融ですが、遅延事故などを起こして消費者金融を利用できない方でも、ショッピング枠現金化という方法があります。ショッピング枠現金化は、クレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入し、換金するサービスです。消費者金融に比べるとサービス業者に支払う手数料は割高ですが、原則的に審査不要で即日入金可能です。ショッピング枠現金化はキャッシングではありませんので、キャッシングカードを発行する必要がなく、銀行口座に直接入金してもらえます。もちろん、消費者金融の利用者を悩ませている総量規制の影響を受けませんし、信用情報に記録されることもありません。そのため、無職、ブラック、専業主婦、低所得の方でも、属性を問わず利用することかできます。ショッピング枠現金化のために用意するものはたった3点です。まず、ショッピング枠に空きのあるクレジットカードです。ショッピング枠とは、クレジットカードを使ってショッピングできる金額であり、1人1人に限度額が定められています。限度額は、クレジット会社に問い合わせて直接確認することができます。限度額100万円で全然ショッピングをしていない場合、100万円分の現金化商品を購入することができますが、業者手数料が発生するので、実際に換金できる金額は大体90万円前後です(換金率は業者によって異なります)。2つ目は、運転免許証や健康保険証などの身分証明証です。クレジットカードを不正利用しないよう、身分証明書の提示を求められますが、直接店舗に持っていく必要はなく、ファックスや電子メールで送信することができます。自宅にファックスがない場合は、コンビニのコピー機から送信できます。3つ目は、銀行口座です。業者が現金を振り込むために、銀行口座が必要になります。銀行口座がない方は、直接現金を手渡しで受け取ることのできる「買取型」の現金化業者を利用するか、インターネット手続きだけですぐに口座開設できるネットバンクを利用してみてはいかがでしょうか。