インターネットで完結できちゃう

ショッピング枠現金化のメリットの一つは、自宅に居ながら取引できることです。ショッピング枠現金化には「買取型」と「キャッシュバック型」がありますが、どちらもインターネットを使って取引することができます。買取型は、東京や大阪、名古屋など都市部に店舗を構えていることが多く、来店するとその場で現金化することができます。しかし、地方にいる方や忙しくて来店できない方のために、郵送取引に対応している業者もあります。消費者は業者に指定された商品を購入した後、業者に商品を郵送します。そして業者が中身を確認したあと、事前に約束していた換金率で現金化されます(銀行口座に振り込まれます)。郵送取引のデメリットは、郵送のために手間や時間がかかることです。インターネットで商品を購入した場合、ショップから自宅に商品が届くまでに数日かかり、自宅から業者に商品を発送し中身が確認されるのまでにまた数日かかります。業者によっては先に現金を振り込んでくれる場合もありますが、それ以外の場合は1週間程度余裕を持った方がよいでしょう。また、来店した場合は身分証明書の提示だけで済みますが、郵送の場合は口座番号も教える必要があります。口座番号を知られたからといって勝手に現金を引き出される恐れはありませんが、個人情報が気になる方はなるべく来店取引を行うことをおすすめします。もう1つのキャッシュバック型は、インターネットを利用した取引になります。業者とのやり取りは主にメール・電話・FAXを使用します。こちらも身分証明書の提示と口座番号を伝える必要があります。キャッシュバック型は買取型よりも手続きが簡単で、サイトから商品を購入するだけで即日キャッシュバックを受けられます。商品が届く前に現金が振り込まれ、商品も送り返す必要がありません。非常に手軽でスピーディな方法ですが、注意しなくてはならないのが、業者と直接顔を合わせる機会がないということです。買取型の場合、実店舗を持った上でインターネット取引もしているというケースが多く、会社の実態が把握しやすいです。しかし、キャッシュバック型は商品(おもちゃやDVD)を管理するための場所が必要なく、パソコンさえあれば自宅で行うことも可能です。そのため、法人と偽って個人で行っている方が多く、トラブルが起きた時に対処しにくいというデメリットがあります。どちらの方法を利用するにせよ、トラブルの心配のない優良業者を選ぶことが大切です。